新作ウエア ル マルキ ド カロン 2016 シャトー マルキドカロン 750ml セギュール 赤ワイン 【国内在庫】 セカンド カロンセギュール

ル マルキ ド カロン [2016] シャトー カロン セギュール セカンド 750ml カロンセギュール マルキドカロン 赤ワイン

1716円 ル マルキ ド カロン [2016] シャトー カロン セギュール セカンド 750ml カロンセギュール マルキドカロン 赤ワイン 食品 ドリンク、水、お酒 ワイン 新作ウエア ル マルキ ド カロン 2016 シャトー マルキドカロン 750ml セギュール 赤ワイン セカンド カロンセギュール 新作ウエア ル マルキ ド カロン 2016 シャトー マルキドカロン 750ml セギュール 赤ワイン セカンド カロンセギュール /Cotylophora529185.html,750ml,セカンド,カロン,1716円,agroart.co.rs,赤ワイン,ル,マルキ,マルキドカロン,[2016],シャトー,食品 , ドリンク、水、お酒 , ワイン,ド,カロンセギュール,カロン,セギュール /Cotylophora529185.html,750ml,セカンド,カロン,1716円,agroart.co.rs,赤ワイン,ル,マルキ,マルキドカロン,[2016],シャトー,食品 , ドリンク、水、お酒 , ワイン,ド,カロンセギュール,カロン,セギュール 1716円 ル マルキ ド カロン [2016] シャトー カロン セギュール セカンド 750ml カロンセギュール マルキドカロン 赤ワイン 食品 ドリンク、水、お酒 ワイン

1716円

ル マルキ ド カロン [2016] シャトー カロン セギュール セカンド 750ml カロンセギュール マルキドカロン 赤ワイン


ボルドー、メドック格付け第3級、シャトー・カロン・セギュール。
18世紀に、当時カロン・セギュールと共に、ラフィットやラトゥールを所有していたニコラ・アレクサンドル・ド・セギュール侯爵が「われラフィットをつくりしが、わが心カロンにあり」と、その思いをハートのラベルに込めたことはあまりにも有名。
ラベルはハートが描かれた愛らしいデザインがながら、格付けシャトーの中で最もボルドーの伝統的ワイン造りを守り、堅実な造りを脈々と続けてきたとして、いつの時代も格付け以上の知名度と人気を誇っています。

カロン・セギュールが位置するサン・テステフの畑は、砂礫と鉄分の多い石灰質土壌が主体。
この地はローマ時代から銘醸地として名を馳せていましたが、シャトーとしての評判を確立したのは、18世紀にセギュール侯爵がシャトーを所有する時代となってから。

「品質のためにやるべきことは全てやる」
という徹底敵な品質主義はシャトーの根底に根付き、20世紀になるとしばしば一級シャトーに匹敵するほどのワインを生産し、大きな成功を成し遂げます。
所有する畑は、大西洋に流れるジロンド川の左岸に位置する約55ヘクタール。
土壌は数メートルもの砂利で覆われているため水はけがよく、ローマ時代からブドウ栽培に非常に適した産地として名を馳せてきました。
砂利の下は鉄分を多く含有する石灰岩となっており、この土壌で育つブドウは豊かで凝縮感あるタンニンが特徴。
また、カロン・セギュールの畑は、格付けシャトーの中でも冷涼な場所に位置しており、気候由来の綺麗な酸を湛えたブドウが結実します。
手摘みで丁寧に収穫されたブドウは、手作業にて選果されたのち、約18〜20か月間の熟成を経てリリースされます。

2016 Le Marquis de Calon-Segur
カロン セギュールのセカンドラベル。
華やかで気品ある香り、なめらかで豊かな果実味、タンニンが織りなすハーモニーはまさに逸品です。
カベルネ ソーヴィニヨン45% / メルロ 55%
 

かつてラフィットやラトゥールを設立したセギュール侯爵が一番愛したシャトーカロン セギュールのセカンド。
2013ヴィンテージよりワイン名マルキ ド カロンから変更。
ファースト同様ハートのエチケットを採用。
チョコレート、ラズベリー、カシスの香りに、スミレやシナモンのスパイスのニュアンス。
フルボディでしっかりとした構成があり、黒系の果実の味わいが層になって広がり、香り高いフィニッシュ。
過去最高評価が出たセカンドラベル。


キャンペーンバナー

ストアインフォメーション

ル マルキ ド カロン [2016] シャトー カロン セギュール セカンド 750ml カロンセギュール マルキドカロン 赤ワイン

社会福祉法人青い鳥は、幼児期から成年まで障害児・者のライフステージに沿った丁寧な支援を行っていきます

私達の理念、「道なきところに道を」

社会福祉法人「青い鳥」は平成28(2016)年で50周年を迎えました。

始まりは、サリドマイド児の親たちの「財団法人 子どもたちの未来をひらく父母の会」です。サリドマイド児をはじめ障害のある子どもとご家族をサポートするため、国の法制度もない中で、「青い鳥愛児園」と「小児療育相談センター」を独自に設立しました。

その後、各地域の療育センターの運営を委託され、それと共に検診事業や子育て支援事業などにも取り組み、障害のある子どもとご家族が住み慣れた地域で生活できるよう、様々な問題に寄り添いながら事業を展開してまいりました。

時代が進むにつれ、社会や家族を取り巻く環境は変化し、障害者総合支援法や児童福祉法など国の社会保障制度も大きく変わりつつあります。

私達は、法人設立 50周年を機に、法人設立の原点に立ち、「道なきところに道を」という新たな理念を掲げました。障害児・者とご家族の地域生活(暮らし)を支援するため、医療と福祉の面から明るい未来を歩むための新しい「道」を創ってまいります。

次の 50年への道を共に歩んでくれるあなたへ

現在、私達のもとに寄せられるご相談は年々増加の一途をたどり、その内容も複雑化しています。

障害児・者やご家族に寄り添い、地域で暮らし続ける支援を丁寧に行っていくためにもあなたの力が必要です。
障害児・者やご家族と一緒にこれから歩んでいく 次の50年の「青い鳥」を、一緒に創っていきませんか?

採用情報は、コチラをクリック

イベント情報

令和5年度常勤職員採用に関する情報について

令和5年度常勤職員採用に関する情報についてお知らせいたします。

2022年1月31日(月)の発達相談支援コーディネーター養成研修開催方法の変更について

2022年1月31日(月)開催の発達相談支援コーディネーター養成研修の開催方法が変更になりました。

Copyright © 社会福祉法人 青い鳥 All Rights Reserved.